こんにちわ^^
第3回目のモリカツ記事投稿です☆

今回はBMOレガシーに出場したので簡単なトーナメントレポートを☆

使用したデッキはこちら。

11 creatures
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

28 other spells
1:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《Force of Will》
3:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
4:《思案/Ponder》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《宝船の巡航/Treasure Cruise》

21 lands
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《湿地の干潟/Marsh Flats》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《Scrubland》
1:《Tropical Island》
2:《Tundra》
3:《Underground Sea》
2:《不毛の大地/Wasteland》
1:《Karakas》

15 sideboard cards
1:《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1:《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
2:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
1:《思考囲い/Thoughtseize》

今流行りのエスパーブレードです。

一回戦目は、完全同系。ゲーム1では、相手のライブラリーが12枚こちら13枚、ライフは24という状況で、お互いの「真の名の宿敵」に「殴打頭蓋」を装備させてなぐり合う。
差がつくのは「死儀礼のシャーマン」を一体でも多く相手よりコントロールできるか、十手が出せるか、2枚入っている真の名の宿敵を先に場に出せるか、といったところ。

相手のデッキに「忍び寄るタール坑」が1枚入っていたため、そこに「剣を鍬に」を使わなければいけなかったのでその1枚で差がつきました。そして時間を使い切って負け。


そこからスニークショウに勝ち、ドレッジに勝ち、赤単に勝ち、奇跡に勝ち、4-1のところでチームアメリカに負け。
除去が「剣を鍬に」4枚のみなので、Delverか死儀礼が相手の場に残ってしまいやすくかなり相性が悪いですね。以前、トリコブレードで稲妻を含め8枚の除去が入っていても厳しいマッチだったので、さらに厳しい印象。相手の「目くらまし」もきついし、勝つためにはサイドに軽い除去が必要ですね。


そして天敵のジャンドは激戦の末引き分け。
「罰する火」がとにかく厳しく、「真の名の宿敵」は「ヴェールのリリアナ」で落とされて負けることがほとんどで、メインの勝率は2割くらいですかね。サイド後は墓地対策でなんとかって感じですが、「choke」とかきつすぎます。また罠の橋も厳しいのでサイドで対策が必要だと感じました。


やはり「罰する火」に弱いのとDelverがかなりきつい。でもそれ以外はマッチ的に勝てそうなので悪くもなく、良くもなくって感じですね☆
3色なので「不毛の大地」が2枚しか入らないし、弱点も多いので個人的にはカナスレとかのが今はいいかなって思います^^

あたり運次第では十分勝てるけどグランプリには持っていきたくないけどどうなんだろう☆
まあ決勝はカナスレに勝って優勝してるデッキなので運次第では十分結果を残せるポテンシャルがあるのかなって思います。
あと、マッチ時間が最低40分くらいかかるデッキでとにかく疲れますw


お互いのフェッチでのシャッフル時間が長く、引き分けのプレイヤーもが多いのでレガシーは60分でラウンドやってくれよって思います^^
レガシーは墓地の順番変えたらいけないのを今回初めて知りました☆

レガシーってスタンダード以上に相性差があってGPが怖いですねw
ドレッジはメイン90%近く負ける気がしますし、サイド後対策カード引けても割られやすいので、当たりたくないデッキのひとつですね。


細かいプレイングが重要なレガシーでは練習はかかせませんね
今回は一度もデッキを回してなかったので、食らってはいけないところで衰微を食らう場面もありました。
スタンダードならまだしも、レガシーはほぼプレイしたことがないのでなんとなくでやってましたw

不慣れな環境でしたが、やっぱりSCG優勝デッキはなかなか練り込まれてるなって思いました。使った感触は80点ぐらいだったのでこれから どんな進化を遂げるのか楽しみです。

大人数の大会でしたが、進行がとてもスムーズで気持ちよく大会に参加できました。
また機会があればレガシーやってみたいと思います♪

それでは簡単なレポートでしたが、読んで頂きありがとうございます!
またどこかで会いましょう。ばずまじ!(なかしゅう風)


関連リンク


BIG MAGIC OPEN Vol.2 Legacy TOP8 Decklist
http://sanc.jp/bmo02/legacy/13.html