cardart_sdjhbf7236

先週は「宝船の巡航」と「僧院の槍速」入りのUR Delverが話題になっていましたが、今週はなんといっても「時を越えた探索」。あらゆる青いデッキに採用されて実績を残していっています。
特に「第41回 KMC エタパ&エタフェストライアル」(http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-203.html)は印象的。1位の石鍛冶にも2位のミラクルにも3位のショーテルにもすべて採用されて123フィニッシュです!

Player Name:
Satake Yukihiro
Deck Designer:チャン・コリン 1st Place


Creature
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
3《もみ消し/Stifle》
3《Force of Will》
1《マナ漏出/Mana Leak》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《思案/Ponder》
4《稲妻/Lightning Bolt》
3《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1《誤った指図/Misdirection》
1《時を越えた探索/Dig Through Time》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1《殴打頭蓋/Batterskull》

Lands
3《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1《乾燥台地/Arid Mesa》
3《不毛の大地/Wasteland》
1《天界の列柱/Celestial Colonnade》
2《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
2《Tundra》
2《Volcanic Island》
1《Plateau》
2《島/Island》
1《平地/Plains》

■Sideboard
2《紅蓮破/Pyroblast》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1《否認/Negate》
1《白鳥の歌/Swan Song》
1《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
1《謙虚/Humility》
1《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
1《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《殴打頭蓋/Batterskull》


Player Name:Sekimoto Tatsuo
Deck Designer: 2nd Place


Creature
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《Force of Will》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4《終末/Terminus》
4《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
3《相殺/Counterbalance》
2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2《天使への願い/Entreat the Angels》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
2《時を越えた探索/Dig Through Time》
1《紅蓮破/Pyroblast》
1《議会の採決/Council’s Judgment》
1《対抗呪文/Counterspell》

Lands
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3《Tundra》
3《Volcanic Island》
5《島/Island》
2《平地》
1《Karaks》

■Sideboard
2《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2《謙虚/Humility》
2《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2《赤霊破/Red Elemental Blast》
1《紅蓮破/Pyroblast》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
1《天使への願い/Entreat the Angels》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》


Player Name:Yasuda Masayuki
Deck Designer: 3rd Place

Creature
4《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4《グリセルブランド/Griselbrand》

Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《思案/Ponder》
4《実物提示教育/Show and Tell》
4《騙し討ち/Sneak Attack》
4《Force of Will》
2《目くらまし/Daze》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
3《水蓮の花びら/Lotus Petal》
2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2《時を越えた探索/Dig Through Time》

Lands
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《Volcanic Island》
2《Tundra》
3《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1《裏切り者の都/City of Traitors》
2《島/Island》
1《山/Mountain》

■Sideboard
2《誘惑蒔き/Sower of Temptation》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2《防御の光網/Defense Grid》
2《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2《紅蓮破/Pyroblast》
1《赤霊破/Red Elemental Blast》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》


一度使えばわかるあの強さ、あの気持ちよさ。
しかも実績までついてきたとあっては世間が放っておきません。







私も、2枚でよかろうと思っていましたが、あまりの強さにあわてて3枚目そして4枚目を買い求めているところです。そうしたみんなの心理が、グラフにもあらわれています。


http://wonder.wisdom-guild.net/graph/Dig+Through+Time/

この青い新しいカードについては、熱っぽいコラムがいくつも出ていますよ。
翻訳で抜粋します。


《宝船の巡航/Treasure Cruise》
《時を超えた探索/Dig Through Time》


新しいぶっ壊れを知るべきだ。
Carsten Kotterは九月中旬にはこの二枚にスポットライトを当てていて、実際の価値よりも正当な評価を受けていないと訴えていた。
この二枚はそれこそ《精神を刻む者、ジェイス/Jace,the Mind Sculptor》のようだと。
発表当初はその真価を認められていなかった《ジェイス》も全ての青いコントロールデッキの「勝利手段」兼「カードアドバンテージ獲得手段」としての地位を得た。
将来的には、《宝船の巡航》は青いテンポデッキと青いミッドレンジデッキの核となるだろう。
《時を超えた探索》は少し手際が必要だが、コンボを完成させる事や、特定の解答を見つけ出すのに長けている。
そうしたデッキは墓地を肥やすのがゆっくりなものだが、逆にマナを浮かせてターンを相手に渡せるデッキでもある。
つまり、コントロールデッキと遅めのコンボデッキには《時を超えた探索》が馴染むだろう。

http://nanashi.diarynote.jp/201410050043411102/

来週のプロツアー、そしてBMOレガシーが楽しみですね!
ではまた。ばずまじ!