日曜日はレガシーに出ようかなと思って直前までジャンドと感染を調整していたのですが、タルキール覇王譚の熱にあてられて新環境スタンに飛び込むことに。
選んだデッキは、ジェスカイとはあえて呼ばないトリコロールプレインズウォーカーズです。メインにはケラノスしかマルチカラーがないので、ジェスカイっぽくないこんな感じのデッキです。

2014-09-29-00-01-32

トリコプレインズウォーカーズ

** クリーチャー(1)
1 《嵐の神、ケラノス》

** 呪文(33)
2 《今わの際/Last Breath》
2 《復仇/Reprisal》
1 《否認/Negate》
4 《解消/Dissolve》
4 《払拭の光/Banishing Light》
3 《神々の憤怒/Anger of the Gods》
4 《苦しめる声/Tormenting Voice》
2 《宝船の巡航/Treasure Cruise》
2 《時を越えた探索/Dig Through Time》
2 《ギルドパクトの体現者、ジェイス/Jace, the Living Guildpact》
1 《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker》
3 《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion》
2 《対立の終結/End Hostilities》
1 《宿命的報復/Fated Retribution》

** 土地(26)
4 《山/Mountain》
3 《島/Island》
2 《平地/Plains》
2 《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
3 《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
4 《静寂の神殿/Temple of Deceit》
4 《神秘の僧院/Mystic Monastery》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《急流の崖/Swiftwater Cliffs》

** サイドボード
3 《ジェスカイの魔除け/Jesky Charm》
4 《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
3 《灰雲のフェニックス/Ashcloud Phoenix》
1 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
4 《ニクス毛の雄羊/Nyx-Fleece Ram》


見たまんまのリストですが、これを組んだ私の心理はこう。

・啓示コンが好きだった。できれば次も青白を含むコントロールをやりたい
・ギルパクジェイスのFoilを無駄に買ってしまった。一度は使ってみたい
・レガシーのUWr Miracle用に買ったケラノスだけど、スタンでも使ってみたい
・「時を越えた探索」と「宝船の巡航」を使いたい
・墓地を肥やすために「苦しめる声」も使ってみよう
・「探査の肥やし」「占術や時を越えた巡航でボトムに送ったカードのランダム化」あとついでに「ジェイスで見えたトップのシャッフル」という意味で、このデッキのフェッチにはシナジーがある
・プレンズウォーカーが強い環境っぽいから「宿命的報復」を撃ってドヤってみたい
・除去を抜いた相手に対してサイド後からアグロに変更したい
・天啓の神殿を持ってなかったけど、とりあえず急流の崖があればいいやろ


結果は2-1(でもそのうちの1勝はBYE。しかし、せっかくの休日の大会でBYEだとへこみますよね)。勝った相手は白単英雄、負けた相手はジャンドPW。その他、会場で遭遇した友人の赤白ともフリープレイして勝ち越し。これだけわずかな対戦回数ですが、すぐにわかったことがあります。

ギルパクジェイスまじ弱い。「時を越えた探索」は強い!!! そして「苦しめる声」は意外とイケた

時を越えた探索。英語でいうとDig Through Time。略すとDTT。2マナで7枚見て2枚を手札に。まるでグリセルブランド的な気持ちよさ。こいつはすごい。まじ病みつきになりそう。高いお金を出してFoilを勝った意味があった。これは間違いなく強いですね。わたくし、マジックが下手で先見の明もありませんが、これは活躍が約束されていると言っていいのではと思いました。

たぶん、近々またスタンの大会に出ると思いおもいます。ではまた次回。ばずまじ!