先週末のSCGのLegacy Openで6位だったChris Jordan氏のドレッジのリストに見惚れてしまいました。メインサイド含めて「戦慄の復活/Dread Return」0枚! そうかこういう構築もあるのか!
目から鱗の美しいリストをご覧ください。

Bridge-from-Below

Dredge / Chris Jordan

8th Place at StarCityGames.com Legacy Open on 8/24/2014
http://sales.starcitygames.com//deckdatabase/displaydeck.php?DeckID=72082

* Creatures (24)
4 Golgari Grave-Troll
4 Golgari Thug
4 Ichorid
4 Narcomoeba
4 Putrid Imp
4 Stinkweed Imp

* Spells (23)
4 Lion's Eye Diamond
4 Bridge from Below
3 Breakthrough
4 Cabal Therapy
4 Careful Study
4 Faithless Looting

* Lands (13)
3 Cephalid Coliseum
4 City of Brass
2 Gemstone Mine
4 Mana Confluence

* Sideboard
3 Lotus Petal
4 Abrupt Decay
1 Ancient Grudge
4 Firestorm
1 Memory's Journey
2 Gemstone Mine


「戦慄の復活」および「炎の血族の盲信者」や「エメリアの盾、イオナ」や「グリセルブランド」といった定番のリアニ要素を抜いて、ドレッジからのゾンビやイチョリッドに特化しています。そのおかげで、サイドの役割もより明確になっています。マナ否定戦略をすりぬけるめの追加のマナソース、墓堀りの檻などの致命的な置物を壊すためのディケイとグラッジ。

ドレッジスキーとしてこれはぜひ参考にしたい!

わからなかったのは、「記憶の旅/Memory's Journey」どういう相手にサイドインするんでしょうか? お分かりになる方、ぜひコメントお願い致します。